menu
閉じる
  1. 歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある
  2. 一本くらい歯がなくてもいいは危険!インプラントを!
閉じる
  1. 歯ぎしりは歯科医院で治療できる
  2. 歯医者でもセカンドオピニオンは重要
  3. ドライマウスってどんな症状が起きる?
  4. 歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある
  5. 実はあの人、インビザラインで矯正中かも
  6. 一本くらい歯がなくてもいいは危険!インプラントを!
閉じる

実はあの人、インビザラインで矯正中かも

歯科矯正と聞くと、歯の表面に金属製の器具を装着したうえでワイヤーを通し歯列を整えるイメージが強いのではないでしょうか。

これはワイヤーブラケットという名前を持つ矯正治療で、かつては歯科矯正では主流の地位を占めていました。

しかしこの治療法は、食事の機会等ですぐに口内の金属が装着されている様子を、垣間見えてしまうデメリットを抱えていました。

外部から目立つので、接客の機会が多かったり、営業職の方では歯列矯正を敬遠する大きな理由となっていたのは事実です。

歯並びを治したいけれど、目立つのは嫌な方でも、インビザラインなら安心して治療を開始することが出来ます。

インビザラインはマウスピース型治療装置のことで、取り外しすることができ、透明素材仕様になっているので目立たないのが特長です。

インビザラインなら透明なので殆ど目立たず、他人に気付かれることもなく人前でも気兼ねなく笑顔を見せることが可能です。

営業職や接客業でこれまで歯科矯正治療をためらっている方でも、安心して歯科矯正に取り組むことが適うわけです。

しかしインビザラインのメリットは、目立たず審美的に満足できる結果を得られるだけに止まりません。

マウスピース型に取り外し出来るので、矯正前と同様に食事を楽しむことができ、歯磨きも従来どおりの方法で問題はないわけです。

マウスピースは簡単に脱着可能なので、いつでもまるごと洗浄できるので清潔な状態を維持することにも繋がります。

ワイヤーブラケットでは金属製の素材を歯茎に直接接触することになるので、金属アレルギーのリスクも無視できませんでした。

これに対しインビザラインは、透明素材で金属フリーなので金属アレルギーの方でも大丈夫です。

インビザラインが従来のワイヤーブラケット治療との大きな違いは、痛み等の肉体的負担が少なく生活への制限も少ない点にあります。

矯正治療は歯に力を加えていくので、どうしても痛みを伴います。

特にワイヤー矯正では、通常は月に一回、手動でワイヤーを緩めていくので、医師の腕次第とはいえ、強い痛みを伴うことがあります。

この点、インビザラインでは0.2-0.3ミリといった微細なレベルで矯正を行うので、痛みはかなり軽減されています。

10日-2週間でインビザラインは交換することになるので、痛みも小さく小刻みに調整していくことになるわけです。

しかもワイヤー矯正では金属器具が口内粘膜に傷をつけ口内炎が多発していましたが、インビザラインでは器具の接触による口内炎に悩まされることもありません。

関連記事

おすすめ記事

  1. 歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある
  2. 一本くらい歯がなくてもいいは危険!インプラントを!

ピックアップ記事

  1. 歯ぎしりをしてしまう人は、歯科医院での治療を考えてみると良いでしょう。歯科医院ではかみ合わせなど…
  2. 病気になってしまった時には、今や主治医からのきちんとした説明を受けてから治療を行う、インフォームドコ…
  3. あまり知られていませんが、ドライマウスは昨今患者数が急増していて現代病とも形容されています。これは…
ページ上部へ戻る