menu
閉じる
  1. 一本くらい歯がなくてもいいは危険!インプラントを!
  2. 歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある
閉じる
  1. 歯ぎしりは歯科医院で治療できる
  2. 歯医者でもセカンドオピニオンは重要
  3. ドライマウスってどんな症状が起きる?
  4. 歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある
  5. 実はあの人、インビザラインで矯正中かも
  6. 一本くらい歯がなくてもいいは危険!インプラントを!
閉じる

歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある

歯の色を白くする方法の一つに、ホワイトニングという施術法があります。

最近ではとくに若い女性を中心に、美容感覚で審美歯科に通ってホワイトニングを行う人が増えてきています。

歯が白いと、笑顔もより一層明るく映えて生き生きとして見えます。

歯の色は人それぞれ個人差があります。

歯の内部にある象牙質の色が、エナメル質を透過してそのまま反映されます。

ですので、象牙質の色がその人の歯の色を決定づけます。

着色汚れなどで歯が黄ばんでいる場合は、歯みがきなどでしっかりクリーニングをおこなえば歯を白くすることができます。

もともと象牙質の色が黄味がかっている場合は、どんなにクリーニングをしても本来の歯の色以上に白くすることはできません。

そういったときにホワイトニング治療は有効です。

ホワイトニング治療は、歯を削ったり抜いたりするといった負担がないので、初心者の人でもハードルが低い施術法といわれています。

そしてホワイトニング治療によって白くなった歯は不自然な人工的な白さではなく透明感のある自然な感じの白さなので、ホワイトニング治療を行ったことは至近距離でみても気づかれることはほとんどありません。

審美歯科で行っているホワイトニング治療は、歯を白くするホワイトニング剤を歯の表面に丁寧に塗布して専用の光を当てて効果を促進させることによって歯を白くします。

早い人であれば一回の施術で希望の白さになりますが、歯の色が濃い人の場合だと何回も施術を繰りかえす必要があります。

ホワイトニング剤には漂白剤としての効果がある過酸化水素や過酸化尿素という成分がふくまれています。

その成分のふくまれた薬剤を歯の表面に塗布し光照射をすることで、過酸化水素と過酸化尿素が色素を分解し歯の表面を傷つけることなく白くしていきます。

もちろん、ホワイトニング剤に使用されている漂白剤は、人体に安全なものが使用されています。

ホワイトニング治療を行った後は、色の濃い着色物の影響を受けやすい状態になっているので、施術から数日間は紅茶やコーヒーやカレーなどの着色しやすい飲み物や食べ物、また喫煙などは控えるようにします。

ホワイトニング効果は、だいたい半年~1年ほど持続します。

その後は緩やかに色が元に戻っていきますので、白さが薄まってきたかなと思ったら、リタッチを行うようにしましょう。

定期的にリタッチを行うことで、美しさを持続させることができます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある
  2. 一本くらい歯がなくてもいいは危険!インプラントを!

ピックアップ記事

  1. 歯ぎしりをしてしまう人は、歯科医院での治療を考えてみると良いでしょう。歯科医院ではかみ合わせなど…
  2. 病気になってしまった時には、今や主治医からのきちんとした説明を受けてから治療を行う、インフォームドコ…
  3. あまり知られていませんが、ドライマウスは昨今患者数が急増していて現代病とも形容されています。これは…
ページ上部へ戻る