menu
閉じる
  1. 一本くらい歯がなくてもいいは危険!インプラントを!
  2. 歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある
閉じる
  1. 歯ぎしりは歯科医院で治療できる
  2. 歯医者でもセカンドオピニオンは重要
  3. ドライマウスってどんな症状が起きる?
  4. 歯の色はもともと違う!だからホワイトニングがある
  5. 実はあの人、インビザラインで矯正中かも
  6. 一本くらい歯がなくてもいいは危険!インプラントを!
閉じる

毎日の生活の中で歯磨きをしない人はほとんどいません。

それなのに、普段から口元へ意識をむけないという人が多いのではないでしょうか。

その理由は、日本の場合はキスの習慣がないからと言われています。

日本では八重歯もかわいいとされていますが、海外ではドラキュラのようだとマイナスの印象です。

さらに、歯医者という存在そのものへの意識の違いがあります。

キスをする習慣のある欧米では口元はきれいにして当たり前の部位です。

キスをする外国人歯医者に行くのは、歯の健康を守るのと同時に美しい口元にするためです。

歯並びが悪ければ矯正を子供のころから受けますし、虫歯があればすぐに治します。

普段から口元への意識があるので違和感も感じやすく、虫歯ができてもすぐに気付いて受診することが可能です。

日本ではまだ痛みが出てから歯医者に行くというスタイルが一般的です。

痛みなどの症状があるということは、すでに虫歯などの状態が進んでいる証拠です。

日ごろは意識しなくても、痛くなると意識しないわけにはいきません。

中には歯医者が苦手でできるだけ行くのを遅らせるという人もいますが、その間にも症状は進んでしまいます。

歯医者は痛いところだから不安だという患者さんは多いです。

しかし、大人になって永久歯が抜けてしまうと、それ以降新しい歯が生えてくることはありません。

入れ歯などの治療もありますが、本物のようにしっかり噛むことは難しいです。

食事をおいしく噛むことができるというのは、日常生活において大切なことです。

歯の大切さは失ってから気づきますが、失ってから元の健康な状態に回復することはありません。

そこで、歯を大切にするために歯医者を有効活用しましょう。

痛くなったら行く場所ではなくて、痛くならないようにサポートしてもらう場所に意識を変える必要があります。

最近は予防歯科という言葉を耳にするようになりました。

虫歯も歯周病も、お口の病気は進行性なので、1度かかってしまうと自然に治ることはなく悪化していきます。

病気にならないように予防することが、口の健康を守るために必要です。

自分ではきちんと磨いているつもりでも、磨き残しは出てしまいます。

歯医者に行くと、歯磨きの指導はもちろん、お口の中のクリーニングも行ってくれます。

大人であれば半年に1度を目安に定期健診を受けることで、常にいい状態を保つことができます。

もし虫歯になってしまっても、初期の段階で治療できるのでそれほど期間もかかりません。

私は東京都江東区在住で都心に長年住んでいますが、歯医者への定期検診を欠かしたことはありません。

というのも江東区の歯医者は住宅地にもあるので仕事帰りでも通院しやすいのです。

虫歯になってからでは遅いという意識が私を歯医者へ足を運ばせています。

仕事で忙しいから、時間がないからと歯のケアを怠ることがないように普段から意識できるよう試みてはいかがでしょうか。

現代の虫歯治療の技術は高いって知ってる?

虫歯の治療はドリルで削るから痛くて不安になると思っている人は多いです。

また治療後には銀歯などの詰め物をするので、口を大きく開けた時に目立ってしまいます。

このようなマイナスイメージを持っている人が多いですが、現代の治療技術は一昔前と比べると大幅に高くなっています。

まず、現代では無痛治療を実践している歯医者が増えていることはあまり知られていません。

麻酔の注射をする前にも歯茎をしびれさせる効果のある、塗るタイプの麻酔を使用することで針が刺さる際の痛みも軽減できます。

麻酔がきいてしまえば、痛みを感じることはないので安心です。

歯医者で使うドリルさらに、歯を削る道具にも変化があります。

昔はドリルで削るしか方法がありませんでしたが、最近は技術の向上によりレーザーなどの道具も使用できるようになりました。

レーザーはドリルのように歯を削る際の振動もありませんし、音もないので精神的にリラックスさせる効果もあります。

そして、虫歯を溶かす薬も開発されました。

この薬を虫歯の部分にしばらく置いておくと、その部分だけが柔らかくなります。

後は細長いスプーンのようなもので取り除き、詰め物をすれば治療はおしまいです。

この治療は適用できるケースとそうでないケースがあるだけでなく、新しい治療なのですべての歯科医院で受けられるわけではありません。

そして、虫歯の菌を殺菌する治療もあります。

特殊な薬剤を使用することで菌を殺菌し、それ以上進行しない状態にします。

この治療も扱っている歯医者は少ないですが、ほとんど歯を削ることなく治療をすることができるので、歯医者が苦手だという人にこそ受けてほしいです。

現代では詰め物も変化しています。

金属だけでなく、白いプラスチックなども使用できるようになりました。

このプラスチックは柔らかく、削った場所に粘土のように詰めて光を照射することで硬くなるという特徴があります。

削ったその日のうちに詰めることができ、治療期間を大幅に短縮することができました。

ただ、プラスチックは強度が弱いので初期の虫歯など小さな詰め物にしか対応できません。

進行した虫歯でも、いきなり神経を取り除いて差し歯にするという治療はあまり行われなくなりました。

できるだけ健康な歯は残すように治療しています。

1度削ってしまった歯は2度と元の状態には戻らないため、歯医者も歯を大切にしています。

1度治療した部分が再発しないように、レントゲンだけでなくCTやマイクロスコープなどの最新技術を活用することが大切です。

ピックアップ記事

  1. 歯ぎしりをしてしまう人は、歯科医院での治療を考えてみると良いでしょう。歯科医院ではかみ合わせなど…
  2. 病気になってしまった時には、今や主治医からのきちんとした説明を受けてから治療を行う、インフォームドコ…
  3. あまり知られていませんが、ドライマウスは昨今患者数が急増していて現代病とも形容されています。これは…
ページ上部へ戻る